医者

細胞を用いた治療方法

病棟

プライマリーセルというのは多くの治療方法のうちの一つであり、細胞を使ったものです。さらにその細胞にも多くの種類があり、その細胞を提供している機関が多く存在します。今もなお研究され続けているので、将来的にはさらに多くの種類のプライマリーセルが現れるのは間違いありません。

詳しくはこちら

インフルエンザの治療

病院

インフルエンザはインフルエンザウイルスに感染することによって発症する。新宿の内科の病院ではインフルエンザの治療が受けられ、投薬や注射、点滴などで治療を行う。新宿の内科ではインフルエンザの予防接種も受けられる。

詳しくはこちら

めまいが繰り返す症状

先生

目がぐるぐる回る

メニエール病とは、一定の間隔でめまいを繰り返す症状のことを言います。繰り返す間隔は数日から数カ月と人によって異なります。メニエール病の症状は軽いものから激しいものまでさまざまです。軽い症状では雲の上を歩いているようなふわふわした感じになります。激しい症状では、突発的で視界が激しく回転するめまいが数十分から数時間程度続きます。目が激しく回るため体を起こすことができず、立ったり歩いたりすることができなくなります。頭を動かすこともできなくなるため、めまいがおさまるまでじっと寝ていることになります。メニエール病のめまいには主症状として難聴、耳鳴り、耳閉感(耳のつまった感じ)を伴います。症状が激しいときには吐き気やおう吐、動悸などが起きることもあります。

早期の治療開始が重要

メニエール病の原因は内リンパ水腫です。内リンパ水腫とは内耳を満たしているリンパ液が増えて水ぶくれになった状態のこと言います。この内リンパ水腫によって耳の神経が障害を受けめまいなどの症状が発生します。内耳には、蝸牛と三半規管・耳石器の2つの部分に分けられますが、どちらに内リンパ水腫が発生するかによって症状が異なってきます。蝸牛に内リンパ水腫が発生した場合には耳鳴りや耳閉感、難聴の症状が現れ、三半規管・耳石器の場合にはめまいが起きます。メニエール病は発作を繰り返すうちに難聴などが元に戻らなくなることがあるので、早期に治療を始めることが大事です。治療は主に内リンパ水腫を軽減させる利尿剤を用いて行います。循環改善薬やビタミン剤を併用することもあります。

検便のあれこれ

病院

検便検査がありますけど、これは便の状態を把握する事ができます。悪い菌が潜んでいたら、きちんと把握できて、対処していく事ができます。また、検便検査は人気がありますけど、手軽に検査できるというのも理由の1つになっています。

詳しくはこちら

Copyright© 2015 メニエール病は初期段階で気づく│回復に向けていろいろ試そうAll Rights Reserved.