医者

細胞を用いた治療方法

病棟

プライマリーセルという言葉を聞いたことがある人はまだそれほど多くないでしょう。プライマリーセルは病気を治療する際の手法のうちの一つであり、回復に役立つとされています。。プライマリーセルというのは、主に細胞を用いた治療のことをさします。その細胞は専門の機関から入手することが可能です。その機関では、HIVウイルスなどに感染していない細胞を取りまったのは最近のことであるので、病院でこの方法を使っているのはまだほんの一部にすぎません。あまり知られていないという理由から不安になってしまう人もいますが、その心配は無用で扱っており、このような機関は増えてきています。

プライマリーセルには様々な種類が存在します。「ヒト」の細胞と「動物」の細胞に分けられていて、それぞれについて研究が進められています。例えば「ヒト」の場合だと、ヒト骨髄、ヒト免疫疾患などの血液細胞であったり、肝細胞であったりとそれぞれの部位や疾患に対してプライマリーセルが存在します。プライマリーセルは治療目的で使われる場合と研究目的で使われる場合とがあり、専門機関ごとに持っている細胞が違うため用途によって使い分けなければなりません。そしてプライマリーセルを採取する際には、採取される人の同意のもとで行われているので決して危険なものではありません。その時のニーズに対応して機関は研究しているので、そのうちかなり多くの種類に対応したプライマリーセルが現れてくるに違いないでしょう。

Copyright© 2015 メニエール病は初期段階で気づく│回復に向けていろいろ試そうAll Rights Reserved.